S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」

中田英寿松崎弘和スポーツ

元日本代表MFの中田英寿氏が、一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」(テイクアクションファウンデーション)設立の記者会見を行なった。会見には代表理事の中田氏のほか、事務局長の上窪政久氏、山梨県甲府市長の宮島雅展氏が出席。財団は“誰にとってもプラスになる機会を提供すること”を目的に、サッカーを利用したさまざまな活動を行う予定だという。

中田氏は会見の席で、「世界中を回って見た現実、経験からこの財団を設立しました。誰にとってもプラスになる活動を僕たちが企画して、多くの人に参加して楽しんでもらいたい。現役を引退した選手たちで登録制のチームを作り、サッカーを通じて地方を活性化していきたいと思います」と語った。

同財団は、地方都市の自治体や企業などにサッカーチーム「TAKE ACTION FC」を無償で派遣し、遠征試合やサッカークリニックなどのイベントを全国各地で開催する。2009年最初の活動としては、4月12日に中田氏の出身地である山梨県甲府市での試合を計画中。登録制となるTAKE ACTION FCのメンバーには、2008年シーズン限りで現役を引退した元日本代表の名波浩氏や森島寛晃氏、澤登正朗氏らが名を連ねている。


さすが「」サニーサイドアップ」といったところか・・

ただ、

日本はスポーツ選手にとっては待遇が「厳しい」と思う

そんなスポーツに携わる人たちが

選手寿命が終わった後にも

そのスポーツで食べていけるような体制は大賛成だ



もちろん

引退後の体制を整備することによる

「年俸」額の引き下げが条件ではあるが・・


「日本漢字能力検定協会」

のように営利目的でないことを祈る・・



スポンサーサイト
朝青龍、無傷の12連勝!日馬富士は星を五分に戻す/初場所 | HOME | 岡田ジャパン、田中達也の勝ち越しゴール/アジア杯

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。