S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
01« 2009/02 »03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクシング タイから帰国した亀田史郎社長を成田空港で独占直撃

亀田興毅のWBA世界フライ級王座挑戦をめぐり、陣営がついに動いた。
五十嵐紀行会長と亀田プロモーションの亀田史郎社長が6月のタイトルマッチ実現に向け、同級王者のデンカオーセン・シンワンチャー陣営と接触。二重契約問題の収束を試みた。だが、事態は依然として平行線のまま。興毅の2階級制覇はどうなるのか。帰国直後の史郎社長を独占直撃した。

亀田一家

--デンカオーセンは?
「(亀田戦に否定的な)ニワットに従うと言っている。俺が握手して『興毅とファイト、ファイト』と言ったら、ノー(と拒否した)」

--王者はニワット氏側についている?
「法律でデンカオーセンは(亀田陣営と契約を交わしたナリスとも)ちゃんとした契約を結んでいるようだ。紙(契約書)も見せてもらった。(契約では日本で試合をする場合に)ナリスの承諾もいる。ナリスが許可しなければリングに上がれない。指名試合の期間は決まっている。(デンカオーセンは9月までに指名試合をしなければ)王座はく奪の可能性もある。試合をしたかったら誰かが歩み寄るしかない」

--マネジャーの二重契約問題がネックか?
「ニワット氏とナリス氏が、デンカオーセンのファイトマネーの取り合いをしている。2人で分ければいいのに、『俺にこそ権利がある』と言い合っている。今回の訪問で(挑戦決定の)結論は出なかった。このままでは興毅の試合(6月のタイトル戦)はなくなってしまう」

--デンカオーセンへのタイトル挑戦が白紙になる?
「(デンカオーセンとの6月のタイトル戦が)なくなってもWBAに打診してるから大丈夫。こじれたら『WBAなりの決断をしてくれ』と伝えてある。王者が試合をできない以上、(デンカオーセンのマネジャー同士の)話し合いで決着がつくまで、暫定王者を作らなければならない」

--興毅は最新のランキングで1位。暫定王者の資格はある。
「まずは暫定王者決定戦に勝って、それから暫定と正規(王者デンカオーセン)で、対決をすればいいわけや。焦ることはない。(暫定王者決定戦が行われなくても)デンカオーセンは9月までに(ランキング1位の興毅との)指名試合が義務付けられている。(こっちから)仕掛ける必要ない。WBAの判断を待つだけや。遅かれ早かれ、年内に世界戦は実現できる」

--最後にニワット、ナリス両氏に言いたいことは?
「(マネジャーがもめることで)一番かわいそうなのは選手や。リングに上げてビックマッチをさせてあげないといけない。それがマネジャーやプロモーターの仕事や」


マスコミに踊らされてしまった亀田一家

どうあろうが、求められるのは

「リング上」


確かに疑惑の判定なんかもあったが

とにかくリングに上がって

試合をしてほしい


亀田一家の「親子愛」は

好きなんだけどなぁ・・




スポンサーサイト

東京マラソン挑戦の曙が練習公開

3月22日の「東京マラソン2009」でフルマラソンに挑戦する第64代横綱・曙が、千葉・東京エアロビクスセンターで行っている合宿を公開した。

相撲時代からいろんなスポーツに興味があり「マラソン、駅伝、トライアスロンをやってみたかった」という曙は「今年でちょうど40歳だしいいんじゃないかな」とマラソン挑戦を決意し、2月9日から本格的にトレーニングを開始。普段はジムでのサーキットトレーニングとプールでのウォーキングを行っているが、今回は2泊3日で集中的に練習を行い、約1カ月後に迫った本番に備える。

体重200キロでのフルマラソンという無謀ともいえる挑戦だが、曙は「やってみないと分からないから、とにかくやり通す」とキッパリ。「よく『本当に真剣に走るの?』って言われるけど、真剣じゃなかったら最初からやってない。制限時間に届かなかった、止められても最後まで1人で走る。それくらいの気持ちです」と42.195キロ完走を誓った。

曙松崎弘和スポーツ


どうしても

「彷徨う曙」

として見てしまう。。


一体どこへ行くのか・・


ただ

純粋に考えれば

曙本人が言っているように

「いろんなスポーツに興味があり、やってみたかった」

ということ


穿って見るのではなく

純粋に見て応援したい

いや

そんな人間でなくてはダメだ(笑


なんて思ってみたりした


「結果」じゃなくて

「トライ」することが重要



ただ

結果を残せないのは

「プロ」ではない・・




スーパーボウル中継 ポルノ映像が流れるハプニング

米国で1日行われたナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦、スーパーボウルのケーブルテレビ中継で、ポルノ映像が流れるハプニングがあった。問題の映像を放送したのはアリゾナ州トゥーソンのケーブルテレビ局「コムキャスト」。地元紙によれば、スティーラーズ対カージナルスの試合終盤、ポルノ映画のシーンが約30秒間流れた。

スーパーボウル中継をめぐっては2004年、ハーフタイムショーに出演した米人気歌手、ジャネット・ジャクソンさんの右胸が露出し、視聴者の抗議が殺到。連邦通信委員会(FCC)は全米中継したCBSテレビに対し55万ドルの罰金を科したが、昨年7月、ペンシルベニア州フィラディルフィア連邦高裁が支払い命令を取り消す判決を下していた。


おいおい(笑

自宅に彼女を呼んで

HDDを観ようと思ったら

入れてあったエロDVDが流れちゃった的な・・


なんだか共感してしまう話



でも

実際流してしまったテレビ局は笑い話では

済まされないんだろうなぁ・・


アメリカのテレビはポルノとかバイオレンスの

拒否設定ができるっていうし

国技でもあるフットボールで流れたら

抗議が殺到しそう・・



彼女を家に入れる前に

しっかりと確認しておきましょう!!




メジャー挑戦は語学研修から=ブレーブスが日本人高校生を初支援?米大リーグ

ドラフト指名から漏れた日本の高校生獲得に積極的な米大リーグ、ブレーブスが新たな育成の試みを始める。このほどマイナー契約を結んだ兵庫・日生学園三高の山林芳則投手に、初めて英語の語学研修を施すことになった。

山林はまず6月から2カ月間、大リーグ機構(MLB)が50%出資し、世界中から15?20歳の選手が集まるオーストラリア・ゴールドコーストのアカデミーでプロ生活のスタートを切る。
2月の高校卒業からそれまでの間は、語学留学、専門留学を支援する「グローバルパートナーズ留学サポートセンター」の協力を得て、大阪で集中的に英会話レッスンを受けることになる。

ブレーブスは今年、川上憲伸投手と日本人では初めてメジャー契約を結んだが、過去にマイナー契約した日本人5人はメジャーに昇格できず、日本に戻った選手もいる。同球団の大屋博行国際スカウトは「コミュニケーションに大きな問題はなかった」と前置きしながら、「話は理解できるようになっても、発音が壁。より前に進んでもらうためにも、こういう形を取った」と説明した。

グローバルパートナーズ社にとっても、スポーツ選手を支援するのは初めて。同センターの堀江康照マネジャーは「これをきっかけに若い選手を支援できれば」とビジネスチャンスとして期待する。海外旅行はハワイへの修学旅行だけ、英語は不得意と公言した山林も「これでしゃべれるようになれば、ありがたい」と目を輝かせた。


まさかメジャーからこんな体制がしかれるとは・・

それだけ「本気」なのだろう


今やメジャーリーグもアメリカ人だけではなく

世界中から優秀な選手を集めている


なんだか

「国」という垣根がドンドン無くなっていくような

印象を受ける


「スポーツ」だけでなく「政治」も

国境がなくなっていけばいいのに・・



| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。