S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12« 2009/01 »02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍、無傷の12連勝!日馬富士は星を五分に戻す/初場所

大相撲初場所12日目(両国国技館)11連勝で単独トップに立っている横綱朝青龍は勝ち越しを金星で狙う関脇把瑠都を寄り切りで下し、昨年3月の春場所以来5場所ぶりの復活優勝へ無傷の12連勝とした。把瑠都は勝ち越しならず5敗目。5勝6敗と黒星が先行している新大関日馬富士は、今場所好調な大関千代大海を上手出し投げで下し6勝6敗と星を五分に戻した。(サンケイスポーツ)

大相撲初場所12日目松崎弘和スポーツ

他の大関陣は3敗の琴欧洲が黒海に攻め入る隙を与えず寄り切りで下し連敗を止めた。カド番の魁皇は豪快な小手投げで豪風を下しカド番脱出を果たした。なお、大関琴光喜はケガのため本日より休場となり、横綱白鵬は不戦勝となった。

また、人気者の高見盛は13勝7敗と得意にしている土佐ノ海と対戦し、引き落としで勝ち6勝6敗。幕内最重量248キロ、新入幕の山本山は上手投げで朝赤龍を下し6勝6敗とした。


「できすぎ」感は否めないが

とにかく朝青龍にはがんばってほしいと思う


朝青龍よりも・・

「山本山」には期待したい!


今までにない「しゃべれる力士」

相撲界の生まれ変わりは朝青龍の優勝よりも

山本山が握っているように思う


「口」だけでない

「強い力士」へ成長してほしいと思う



スポンサーサイト

中田英寿氏が財団設立「サッカーを通じて地方を活性化したい」

中田英寿松崎弘和スポーツ

元日本代表MFの中田英寿氏が、一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」(テイクアクションファウンデーション)設立の記者会見を行なった。会見には代表理事の中田氏のほか、事務局長の上窪政久氏、山梨県甲府市長の宮島雅展氏が出席。財団は“誰にとってもプラスになる機会を提供すること”を目的に、サッカーを利用したさまざまな活動を行う予定だという。

中田氏は会見の席で、「世界中を回って見た現実、経験からこの財団を設立しました。誰にとってもプラスになる活動を僕たちが企画して、多くの人に参加して楽しんでもらいたい。現役を引退した選手たちで登録制のチームを作り、サッカーを通じて地方を活性化していきたいと思います」と語った。

同財団は、地方都市の自治体や企業などにサッカーチーム「TAKE ACTION FC」を無償で派遣し、遠征試合やサッカークリニックなどのイベントを全国各地で開催する。2009年最初の活動としては、4月12日に中田氏の出身地である山梨県甲府市での試合を計画中。登録制となるTAKE ACTION FCのメンバーには、2008年シーズン限りで現役を引退した元日本代表の名波浩氏や森島寛晃氏、澤登正朗氏らが名を連ねている。


さすが「」サニーサイドアップ」といったところか・・

ただ、

日本はスポーツ選手にとっては待遇が「厳しい」と思う

そんなスポーツに携わる人たちが

選手寿命が終わった後にも

そのスポーツで食べていけるような体制は大賛成だ



もちろん

引退後の体制を整備することによる

「年俸」額の引き下げが条件ではあるが・・


「日本漢字能力検定協会」

のように営利目的でないことを祈る・・



| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。